1)集まった鶴を大まかに色別にする。
ーー予め分けてから集めると作業が楽。
1


2)更に色別にする。
ーーそして、数を数え、50羽ずつに分けていく。
ーーグラデーションでも良し、同じ通しでも良し。
2


3)糸は1本2m位。
ーービーズを通して糸を2本にし、ぬいぐるみ用の長い針を使って鶴を通していく。

*その時に思った事。 ・・・鶴の頭と尻尾は、↓これくらいの感じが一番通しやすい。
ぴしっと折り込まれているとつなぐ時に難儀し、広がりすぎはうまく重なっていかないのです。
3


4)20束揃ったら、まとめて縛る。
ーー今回は、キーリングを使いました。
ーー鶴の数が調度じゃなかったので「アバウト千羽鶴」になりました(^-^;


あとは、「作成する人の気持ち」だと思います。





戻る













SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO